なぜ電気工事士は増え続けるのか?

Posted Posted in 第二種電気工事士

増加する受験者数 第二種電気工事士の申込者は確実に増えています。 10年前、大体10万人くらいの申込者がいました。 現在、年によって若干の変動はありますが、毎年15万人くらいの方が 電気工事士を目指して受験を申し込んでいます。 では、なぜ増えてきているのでしょうか。 増える理由 一つは建設需要が増え、建設業界の人件費が高騰していく中で、さらに 報酬を得るために資格を取得するということがあげられます。   他には、学歴・職歴等が受験資格に問われないという点も挙げられます。 資格によっては、大学卒以上であったり、その職経験がないと受験がそもそも できないというものもある中で、誰でも受験でき、かつ取得までの期間も 長すぎず、取得後の仕事もあるという点において安定的な人気が あるといえるでしょう。   そして、電気工事の仕事は常に需要があるということも重要な資格価値を 高める要因でしょう。 電気は現代人にとって必要不可欠です。 ちょっとした停電でもニュースになるくらい現代人にはなくてはならない 存在なのです。 ということは、不況好況に関わらずこの重要なインフラを支える仕事が 減ることはないということで、非常に安定した仕事、業界と言えますので、 電気工事士の価値は高まり続けているのです。   というわけで、電気工事士はメリットの多い資格です。 少しでも興味があれば、今は別の仕事をしていたとしても 将来の保険という意味でも持っていて安心のこの電気工事士を 目指してみるのもいいのではないでしょうか。    

初心者にも使いやすい進化する電気工具

Posted Posted in 第二種電気工事士

便利になる電気工具   電気工事の基本といえば、ケーブルの接続ですが、 そのケーブルを接続するには、被覆の剥ぎ取りが必要になってきます。 電工ナイフでの被覆剥がしは電気工事士になるなら基本中の基本ですし、 慣れれば早くできますが、使用するケーブル量が多かったりすると、 実際問題面倒と言えば面倒ですよね。   そんな時は、ケーブルストリッパーを使って剥がすと非常に楽です。 試験でも使用が認められているので、現状電工ナイフではなく、ケーブルストリッパーで 剥がす人の方が多いでしょう。 こうして、工具というのはより便利になってきます。   さらに進化する電気工具   しかし、これを見てください。 これは、通常のケーブルストリッパーのさらに進化版です。 ケーブルの被覆をはがす位置に合わせてレバーを引くだけで 綺麗に剥がれます。 合わせて引くだけ。 これなら、不器用な人でも熟練の人と同じように被覆剥がしができます。   たかが被覆剥がしと侮るなかれ。 便利な工具は今まで向いていないと思われた人も 問題なく、その仕事に従事できる可能性を増やしていきます。 これは一例でしたが、工具も日々どんどん進化しています。   思ったよりできるかもと思ったなら、電気工事士にチャレンジしてみる 価値ありですよ。    

海外旅行ではプラグだけ気にすればいいの?

Posted Posted in 第二種電気工事士

海外旅行の必需品   海外旅行に行く際、日本から持って行く電化製品を使うために変換プラグを 用意すると思います。 ご存知のように海外では、コンセントの形状が日本の形状とは違うので、 滞在予定の国に合う形状の変換プラグを準備します。 この形状さえ合ってれば問題ないのでしょうか?   電圧や周波数もチェック   形状だけ合っていればOKというものではありません。 先日のブログでも紹介した周波数の違いでもダメですし、 電圧の違いによっても動かない、もしくは故障の原因になります。 日本では、100Vですが、ヨーロッパでは、220Vであったり アメリカでは120Vです。 最も最近の電化製品は100~220V対応のような形になっており、 全世界で使用できるものも少なくありません。 ただ、対応していないものもあります。 電気は事故になると大変ですので、一応チェックしておきましょう。 なお、電圧の違うものは変圧器を使用して、その場所の電圧に合わせて あげることで使用できるようになりますので、チェックして電圧が 合わないものがあったら変圧器も準備しておくとよいでしょう。    

電気関係のDIYにはご用心

Posted Posted in 第二種電気工事士

最近は、web上で色々な情報があがっているので、 今までは、買っていたり、業者に修理を頼んだり していたことが自分で作成したり修理したりする 方法が簡単に手に入るようになりました。 そこで、ちょっと自作ということで自身で 何でも作ってしまう方も増えてきています。 DIYというとちょっと前までは、お父さんの 日曜大工的な話でしたが、今は、DIY女子という 言葉があるように、自分好みのデザインで自分らしい 家具やインテリアを自作する若い女性も増えてきて、 女性向けのかわいいデザインの工具なんかもあり、 DIYはちょっとしたブームでもあります。 ただ、注意しなくてはならないのは、電気関係のDIYです。 この電気関係の工作を自作するというのは、電気工事士以外の 方はすることができません。 例えば、ちょっとコンセントの調子が悪いということで 壁のコンセントを取り換えようと思ったとします。 量販店などで普通に交換パーツも売っていて手に入ります。 じゃあ、ということで自分でやると法律違反となります。 電気関係に関しては、無資格ですとDIYでできることは ほぼありません。電球や蛍光灯の交換くらいしかできないと いってもいいでしょう。 DIYをやる人の中には、電気工事士として働くわけではないけど 資格を取得する人もいます。 それは、電気に関しては、やはり無資格だとできないことが 多いからです。 おしゃれな電気のオブジェも勝手には作れませんので、 DIYを極めるなら第二種電気工事士は是非とも取得して おきたいですね。