電気工事士学習法

Posted Posted in 第二種電気工事士

初心者の学習法 学校が工学系であるとかすでに電気工務店に勤めていて ある程度知識がある人はいいですが、全くの初心者が電気工事士の 学習を始めるにあたり、どのように学習していけばいいでしょうか。   1.講習を受ける 色々なところから開催されている講習会に参加するのが一つです。 講習会のいいところは、直接講師から教えてもらえるので、わからないところも 直で聞けますし、意欲があればどんどん吸収していける点です。 逆にデメリットは、講習会は場所と時間が決まっているので、どうしても 自分の予定を講習会に合わせる必要があります。 仕事や個人の用のために参加できない場合もある点です。   2.通信教育 通信教育は通信教育の会社から送られてきたテキスト等を使用して学ぶ方法です。 いいところは、時間が制約されないことと、タイムラグはあるものの不明点に応えて もらえるところです。   3.独学 電気工事士試験で、工学系の学校出身者や電気工務店で働いている すでに知識のある人は結構このパターンが多いのではないでしょうか。 自分に合ったテキストを書店で購入して学習する方法です。 メリットは費用が最低限でいいところと自分のペースで進められるところです。 デメリットはわからないところがあった場合、自身で何とか調べるより他にないところです。 ですので、全く知識のない初心者には少しハードルが高いかもしれません。   このように各方法とも一長一短がありますが、グッジョブ動画講座は通信教育に 近いものですが、映像でナレーション等、音声があるので、授業を受ける感覚も ありながら、好きな時間好きな場所で学べるいいとこ取りになっています。   特に電気工事士はまだまだ男性が多いので、ちょっと講習等に行きづらいという 女性には、お手軽に受けられる点でもいいのではないでしょうか。   これから電工を目指す女性は是非チェックしてみてくださいね。      

消防設備士を取るなら電気工事士取得が近道

Posted Posted in 第二種電気工事士

消防設備士とは   消防設備士という資格があります。 どんな資格かといいますと、 「劇場、デパート、ホテルなどの建物は、その用途、規模、 収容人員に応じて屋内消火栓設備、スプリンクラー設備、 自動火災報知設備などの消防用設備等又は特殊消防用設備等の設置が法律により 義務づけられており、それらの工事、整備等を行うには、消防設備士の資格が必要 (一般財団法人 消防試験研究センターHP引用)」   ということで、皆さんの家に設置してあるスプリンクラーや火災報知器など これら消防設備の整備や工事をする資格です。   消防設備は各施設で設置が義務付けられていますので、仕事自体は 多く、しかも独占資格なので、ニーズとしては非常に大きい資格です。   この消防設備士ですが、受験にはいくつかの条件があります。 まず、そもそも消防設備士にはいくつかの種類があります。 扱える設備の内容によって、甲種1~5類、乙種、甲種特類です。 乙種は誰でも受験可能ですが、甲種は条件があります。 特類は ア  甲種特類  甲種特類を受験するには、甲種第1類から第3類までのいずれか一つ、甲種第4類及び甲種第5類の3種類以上の免状の交付を受けていることが必要となるので、それらの免状の写し。 特類以外 イ  特類以外 (1)      大学卒業等の資格(指定学科又は課程)で受験される方(下表いずれか一つ) 卒業証書・学位記等 コピー 卒業証明書・単位修得証明書・科目履修証明書 原本 (2)  実務経験を有する方  実務経験証明書(受験願書のB面の様式に記入してください。) (3)  次に掲げる資格、免状等を有する方  甲種消防設備士・技術士(○○部門)・電気工事士・電気主任技術者・修(博)士・専門学校検定合格者・管工事施工管理技士・教員免許状・無線従事者・建築士・配管技能士・ガス主任技術者・給水技術者・旧制度の消防設備士        免状・免許証・合格証明書等(免状・免許証はコピー)   となっています。 つまり取得には実務経験が必要となっており、 これが補助で5年という結構な期間を要します。 取ろうと思ってから、最短でも5年取れないわけです。     電気工事士なら実務経験免除   そこで、電気工事士です。 上記にも書いてありますが、電気工事士取得者は 実務経験が免除なのです。 しかも、電気工事士は、取得までに人に寄って差はありますが、 2~6ヶ月程度の学習期間で取得できます。 […]

なぜ電気工事士は増え続けるのか?

Posted Posted in 第二種電気工事士

増加する受験者数 第二種電気工事士の申込者は確実に増えています。 10年前、大体10万人くらいの申込者がいました。 現在、年によって若干の変動はありますが、毎年15万人くらいの方が 電気工事士を目指して受験を申し込んでいます。 では、なぜ増えてきているのでしょうか。 増える理由 一つは建設需要が増え、建設業界の人件費が高騰していく中で、さらに 報酬を得るために資格を取得するということがあげられます。   他には、学歴・職歴等が受験資格に問われないという点も挙げられます。 資格によっては、大学卒以上であったり、その職経験がないと受験がそもそも できないというものもある中で、誰でも受験でき、かつ取得までの期間も 長すぎず、取得後の仕事もあるという点において安定的な人気が あるといえるでしょう。   そして、電気工事の仕事は常に需要があるということも重要な資格価値を 高める要因でしょう。 電気は現代人にとって必要不可欠です。 ちょっとした停電でもニュースになるくらい現代人にはなくてはならない 存在なのです。 ということは、不況好況に関わらずこの重要なインフラを支える仕事が 減ることはないということで、非常に安定した仕事、業界と言えますので、 電気工事士の価値は高まり続けているのです。   というわけで、電気工事士はメリットの多い資格です。 少しでも興味があれば、今は別の仕事をしていたとしても 将来の保険という意味でも持っていて安心のこの電気工事士を 目指してみるのもいいのではないでしょうか。    

初心者にも使いやすい進化する電気工具

Posted Posted in 第二種電気工事士

便利になる電気工具   電気工事の基本といえば、ケーブルの接続ですが、 そのケーブルを接続するには、被覆の剥ぎ取りが必要になってきます。 電工ナイフでの被覆剥がしは電気工事士になるなら基本中の基本ですし、 慣れれば早くできますが、使用するケーブル量が多かったりすると、 実際問題面倒と言えば面倒ですよね。   そんな時は、ケーブルストリッパーを使って剥がすと非常に楽です。 試験でも使用が認められているので、現状電工ナイフではなく、ケーブルストリッパーで 剥がす人の方が多いでしょう。 こうして、工具というのはより便利になってきます。   さらに進化する電気工具   しかし、これを見てください。 これは、通常のケーブルストリッパーのさらに進化版です。 ケーブルの被覆をはがす位置に合わせてレバーを引くだけで 綺麗に剥がれます。 合わせて引くだけ。 これなら、不器用な人でも熟練の人と同じように被覆剥がしができます。   たかが被覆剥がしと侮るなかれ。 便利な工具は今まで向いていないと思われた人も 問題なく、その仕事に従事できる可能性を増やしていきます。 これは一例でしたが、工具も日々どんどん進化しています。   思ったよりできるかもと思ったなら、電気工事士にチャレンジしてみる 価値ありですよ。    

海外旅行ではプラグだけ気にすればいいの?

Posted Posted in 第二種電気工事士

海外旅行の必需品   海外旅行に行く際、日本から持って行く電化製品を使うために変換プラグを 用意すると思います。 ご存知のように海外では、コンセントの形状が日本の形状とは違うので、 滞在予定の国に合う形状の変換プラグを準備します。 この形状さえ合ってれば問題ないのでしょうか?   電圧や周波数もチェック   形状だけ合っていればOKというものではありません。 先日のブログでも紹介した周波数の違いでもダメですし、 電圧の違いによっても動かない、もしくは故障の原因になります。 日本では、100Vですが、ヨーロッパでは、220Vであったり アメリカでは120Vです。 最も最近の電化製品は100~220V対応のような形になっており、 全世界で使用できるものも少なくありません。 ただ、対応していないものもあります。 電気は事故になると大変ですので、一応チェックしておきましょう。 なお、電圧の違うものは変圧器を使用して、その場所の電圧に合わせて あげることで使用できるようになりますので、チェックして電圧が 合わないものがあったら変圧器も準備しておくとよいでしょう。