電気工事士を目指す人はどんな人 ④

Posted Posted in 未分類

電気工事士になろうと思った理由 第二種電気工事士の統計から読み解くシリーズ第四弾は、 電気工事士資格を取得しようと思った理由です。   これも前回同様、学生と就業者に分けて説明します。   まず学生の一番多い理由、「学校のすすめ(就職を有利にするため)」です。 実に50%超えの半数がこの理由です。 やはり、電気工事士資格は企業にとっても即戦力となりえますので、 企業側としたら、就業してから取得させるより、すでに取得している人を 獲得したいというのは十分理解できますので、就職が有利になるということで 学校側が勧めるのもうなずけますね。   続いて、2番目は、「(自分の意思で)就職を有利にする材料として」です。 これは、25%程度です。 能動的か受動的かの違いはありますが、1番目と同様就職を有利にするための 受験ということです。   つまり、75%ほどは就職に対するアドバンテージのための取得ということです。 逆を言うと、それだけ就職にプラスになる資格ともいえるでしょう。   それ以外は能力を試したい、家業を継ぐためなどの理由がありますが、 多くは、就職のためというのが学生が第二種電気工事士資格の取得を 目指す理由のようです。     就業者が取得を目指す理由 次に、就業者が取得を目指す理由です。 これは、もう圧倒的1番は、「資格が必要な職務に就いている」という理由で 60%程度を占めます。 もう、資格が必要な仕事についている以上取らざるを得ないということですね。 取らなくきゃ仕事にならない、そういうことです。 それ以外は新規事業のための取得や資格が必要な部署への異動希望、 昇進、昇給を目指してなど、企業内での自身の仕事をよりやりやすくするための 理由がならんでいます。   学生は就職がもっとも多い理由で、就業者は仕事内容のためという理由で 取得を目指しているということで、共通することは企業側は電気工事士資格取得者を 必要としているということがこの統計から読み取れるのではないでしょうか。    

電気工事士を目指す人はどんな人 ③

Posted Posted in 第二種電気工事士

電気工事士の最終学歴   第二種電気工事士を受験する人の統計について 書いてきていますが、今回第3回は、電気工事士の学歴です。 学歴は在学中の取得と卒業後の取得にわかれます。 まずは、在学中の方から、 在学中に取得する人は圧倒的に工業高校の方が 多いです。全体の実に53%です。 これは、電気工事士の資格をもっていると、就職率が上がることから、 学校を上げて受験させているという実情とも被るでしょう。 また、そもそも工業高校に通っているということで、元々興味がある人が 多いというのも取得者が多い理由でしょう。 続いて、多いのは大学生で約14%。 大学には工業大学や工学部等も含まれているので、これも 予想通りといえますね。 それ以外は、高専、専門学校、普通高校と続いていきます。     卒業生で多いのは?   次に卒業生の割合ですが、 これは、大学が35%ほどで一番多く、普通高校、工業高校と続きます。 やはり、工業高校は就職の観点から、在学中に取得するということが ここからも読み取れます。 また、工業大学や工学部を卒業した方には、大学での知識を活かし、 電気工事業に従事していなくても資格を取得する方もそれなりに いるそうですので、就業以外の理由で取得する人も一定数いると みれるでしょう。 今回は、電気工事士の学歴でした。  

電気工事士を目指す人はどんな人 ②

Posted Posted in 第二種電気工事士

受験者は学生?就業者?   第二種電気工事士を目指す人はどんな人かと いうことで、前回は、受験者の年代と受験回数について ご紹介しました。 今回は、受験した時、その人はどんな仕事をしていたのかに ついてです。 まずは、就業者と学生の比率です。 学生が20%で就業者が50%となっており、 それ以外は、未回答などです。 すでに就業されている方が半数を占めるようですね。     受験時の職業   続いて、受験時に就業していた人はどんな仕事に就いていたかです。 一番多いのは、やはり電気工事会社で20%です。そして1.5%ほどですが、 電力会社の方もいるようです。 他は、ビルメン12%、電気機器製造6%、電気機器卸4%、 電気通信工事8%、建設会社8%、官公庁・学校3.5%などになり、 それ以外は30%くらいで、意外と、電気工事以外の仕事の人も 多いことがわかります。   電気工事と関係ないからではなく、興味を持ったら受けるという人が 多い試験ともいえるでしょう。    

電気工事士を目指す人はどんな人 ①

Posted Posted in 第二種電気工事士

電気工事士を目指す人研究   第二種電気工事士を目指す人はどんな人でしょうか? 人それぞれ老若男女、年齢色々でさまざまな理由があるのでしょうが、 今回から数回にわたって第二種電気工事士を目指す人はどんな人なのかを 統計から読み解いてみましょう。   まず、受験者の年齢層です。 10代、20代が一番多く、それぞれ20%強です。 30代は20%ちょうどくらいで、だいたいここまでで 70%くらいをしめます。 40代以降は減って、40代で15%程度、50、60代は10%を 切る形になっています。 やはり現場仕事の資格ですので、どうしても高年齢になると 受験者数は減りますね。   みんな何回くらいで合格するの?   次に受験者の受験回数です。 初めて受けるという人がだいたい半数くらいです。 2回目という人が20%程度なので、2回目くらいまでに 合格する人が多いという風に読み取れます。 第二種電気工事士は合格率が高めの国家試験ですので、 1発合格が望ましいですが、すでに就業している場合などは、 2回目までには確実に取得しておきたいところです。   このように電気工事士を目指す人がどんな人なのかを 統計から見ていきますので、引き続きチェックの方 よろしくお願いします。