第二種電気工事士

2つの周波数がある国、日本

電気の種類

電気には種類があります。

50Hz(ヘルツ)と60Hzの2つの周波数があります。

周波数とは、電気が1秒間に交流する回数のことです。

この周波数、通常は国によって統一されており、50Hzを採用している国が

多いのですが、日本は、東日本、西日本で50Hzと60Hzに分かれ、1国に2つの

周波数が採用されている非常に珍しい国です。

 

なぜ2つの周波数がある?

ではなぜこんなことになっているのかというと、明治時代のころ、日本で電気が使われ始めると、

発電機が必要になりましたが、当時の日本には発電機は製造しておらず、外国から輸入して

電気を使っていました。

その発電機ですが、東京はドイツ製の50Hzの発電機、大阪は米国製60Hzの発電機を輸入し、

電気を発電し始めました。

その後、2つの周波数で全国に広まっていきますが、周波数の違いから電気製品によっては

故障してしまう事例も増えていきました。

 

そのため、1つに統一しようという動きも広がりましたが、話しはまとまらず、

結局、新潟県の糸魚川と静岡県の富士川(ふじがわ)を境に東側を50Hz、西側を60Hzとして

電気を使用していくことが決まり、現在に続いています。

 

このような成り立ちで1国2周波数といういとも珍しい制度となりました。

ちなみに近年の電化製品は「50/60Hz」と表記されどちらでも問題なく使う事ができるものが

増えておりますが、一部片方しか使えないものもあります。

片方しか使えないものを使うと故障したり、最悪事故になったりしますので、旅行する際は海外旅行でなく、

国内旅行でも一応チェックしておくことが吉です。

 

普段気にしない周波数、ここ日本ではちょっと注意が必要です。