第二種電気工事士

電気関係のDIYにはご用心

最近は、web上で色々な情報があがっているので、
今までは、買っていたり、業者に修理を頼んだり
していたことが自分で作成したり修理したりする
方法が簡単に手に入るようになりました。

そこで、ちょっと自作ということで自身で
何でも作ってしまう方も増えてきています。

DIYというとちょっと前までは、お父さんの
日曜大工的な話でしたが、今は、DIY女子という
言葉があるように、自分好みのデザインで自分らしい
家具やインテリアを自作する若い女性も増えてきて、
女性向けのかわいいデザインの工具なんかもあり、
DIYはちょっとしたブームでもあります。

ただ、注意しなくてはならないのは、電気関係のDIYです。

この電気関係の工作を自作するというのは、電気工事士以外の
方はすることができません。

例えば、ちょっとコンセントの調子が悪いということで
壁のコンセントを取り換えようと思ったとします。
量販店などで普通に交換パーツも売っていて手に入ります。
じゃあ、ということで自分でやると法律違反となります。

電気関係に関しては、無資格ですとDIYでできることは
ほぼありません。電球や蛍光灯の交換くらいしかできないと
いってもいいでしょう。

DIYをやる人の中には、電気工事士として働くわけではないけど
資格を取得する人もいます。

それは、電気に関しては、やはり無資格だとできないことが
多いからです。

おしゃれな電気のオブジェも勝手には作れませんので、
DIYを極めるなら第二種電気工事士は是非とも取得して
おきたいですね。