第二種電気工事士

電気工事士試験申込にはご注意

申し込み漏れで受験できず

 

資格試験 教諭が申し込み忘れ 小松工、生徒2人受験できず

http://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/news/CK2018101802100012.html

なんともまぁ、お粗末な話ではありますが、

第一種電気工事士試験の願書を受験予定の

工業高校の学生が担当の教師の願書出し忘れで

受験できなかったということです。

 

どんなに学習しようとも試験が受けられなければ、

合格も資格取得もありません。

今回は教師の出し忘れですが、

仮に出しても内容に間違いがあったりして、

受験できない場合もありえます。

ということで、申込に際しては、

かなり念入りに注意深くチェックした上で

提出することを心がけましょう。

 

 

日程の確認も念入りに

 

そして日程の確認もしっかりチェックが大事です。

試験日や申込期限日だけでなく、

願書の配布されている日程なども

しっかりチェックしておきましょう。

 

また、申込期限日は書き損じで

書き直し等も考えられますので、

申込開始日に申し込むくらいもイメージで

早めに願書提出をするようにしましょう。

 

しっかり願書が提出できれば、慌てることなく

試験までの間学習に専念できますので、

効率的な学習の観点からも

早めの願書作成が合格への近道となるでしょう。