第二種電気工事士

電気工事士を目指す人はどんな人 ③

電気工事士の最終学歴

 

第二種電気工事士を受験する人の統計について

書いてきていますが、今回第3回は、電気工事士の学歴です。

学歴は在学中の取得と卒業後の取得にわかれます。

まずは、在学中の方から、

在学中に取得する人は圧倒的に工業高校の方が

多いです。全体の実に53%です。

これは、電気工事士の資格をもっていると、就職率が上がることから、

学校を上げて受験させているという実情とも被るでしょう。

また、そもそも工業高校に通っているということで、元々興味がある人が

多いというのも取得者が多い理由でしょう。

続いて、多いのは大学生で約14%。

大学には工業大学や工学部等も含まれているので、これも

予想通りといえますね。

それ以外は、高専、専門学校、普通高校と続いていきます。

 

 

卒業生で多いのは?

 

次に卒業生の割合ですが、

これは、大学が35%ほどで一番多く、普通高校、工業高校と続きます。

やはり、工業高校は就職の観点から、在学中に取得するということが

ここからも読み取れます。

また、工業大学や工学部を卒業した方には、大学での知識を活かし、

電気工事業に従事していなくても資格を取得する方もそれなりに

いるそうですので、就業以外の理由で取得する人も一定数いると

みれるでしょう。

今回は、電気工事士の学歴でした。