第二種電気工事士

女性が電気工事士を目指すワケ

なぜ女性が電気工事士に

 

近年少しずつ増えている女性の電気工事士試験の受験者ですが、

皆さんどういった目的で受験されているのでしょう。

今日は、受験の目的、なぜ女性が電気工事士資格を取得しようとするのかに

ついて取り上げてみます。

 

 

必ずしも電気工事士になるわけではない

 

電気工事士資格を取るんだから、電気工事の仕事をするためでしょ。

という反応が来そうですが、男性の場合はそれが多いですが、女性は

違います。

 

1.会社に言われて取得

まずは、会社に言われて取得というパターンです。

実は、会社にとって何人電気工事士がいるということは、

重要でやはり多くの電気工事士を抱えてるというとちゃんとした

工務店というイメージもあります。

また、実際は事務仕事中心でも資格を取得し、専門知識があれば、

お客さんからの問い合わせも適格に答えられ、会社としては

メリットがあります。

 

2.DIYがしたい。

最近は、DIY女子などという呼び名があるくらい、女性もDIYを好む人が

増えています。そして、DIYも本格的になってくると電気を使ったDIYも

したいという人が増えてくるものです。

ところが電気を勝手に工作することは法律上、難しい場合も多々出てきます。

そこで、電気工事士の資格をとって思う存分DIYで楽しもうということ

だそうです。

 

3.電気工事士として働く

さて、当たり前の理由といえば当たり前の理由ですが、

少ないですが、電気工事士として働くために取得という方もいます。

さまざまな分野で女性が活躍する時代、電気工事士を女性がやったって

いいじゃないか、ということで、電気工事士を目指すという方です。

実際、工事と聞くと力のある男性のイメージですが、

第二種電気工事士の仕事は非力な女性であっても問題なく

できる仕事がたくさんあります。

 

以上が女性が電気工事士を目指す理由ですが、

今後は、今は少ない3の電気工事士として働くために

電気工事士を目指す女性は増えてくると思います。

最初は珍しかった女性の配送業やタクシー運転手、電車の車掌も

今ではあまり珍しくなくなりました。

次は電気工事士ではないかなと予想しています。