第二種電気工事士

なぜ電気工事士は増え続けるのか?

増加する受験者数

第二種電気工事士の申込者は確実に増えています。

10年前、大体10万人くらいの申込者がいました。

現在、年によって若干の変動はありますが、毎年15万人くらいの方が

電気工事士を目指して受験を申し込んでいます。

では、なぜ増えてきているのでしょうか。

増える理由

一つは建設需要が増え、建設業界の人件費が高騰していく中で、さらに

報酬を得るために資格を取得するということがあげられます。

 

他には、学歴・職歴等が受験資格に問われないという点も挙げられます。

資格によっては、大学卒以上であったり、その職経験がないと受験がそもそも

できないというものもある中で、誰でも受験でき、かつ取得までの期間も

長すぎず、取得後の仕事もあるという点において安定的な人気が

あるといえるでしょう。

 

そして、電気工事の仕事は常に需要があるということも重要な資格価値を

高める要因でしょう。

電気は現代人にとって必要不可欠です。

ちょっとした停電でもニュースになるくらい現代人にはなくてはならない

存在なのです。

ということは、不況好況に関わらずこの重要なインフラを支える仕事が

減ることはないということで、非常に安定した仕事、業界と言えますので、

電気工事士の価値は高まり続けているのです。

 

というわけで、電気工事士はメリットの多い資格です。

少しでも興味があれば、今は別の仕事をしていたとしても

将来の保険という意味でも持っていて安心のこの電気工事士を

目指してみるのもいいのではないでしょうか。